【お父さん必見!】なんと!段ボールでラジコンが作れるのか!!~わんぱくスライムサム~【DIY】

ウチの息子は今日11カ月になりました。その記念に初めて母親から髪を切られて、今は髪型はボコボコの状態の息子が一番好きなおもちゃはなんとリモコンです。普通のおもちゃでも遊ぶのですが、なんとなく大人が触っているものに興味があるようです。しかもウチのリモコンはボタンを押すと光るので、そこも好きなのかもしれません。そこで光るリモコンを作る方法でもないかなとYouTubeで探していたら、なんと段ボールでラジコンを作っている動画を見つけました!今日はそんなわくわくする動画を流している「わんぱくスライムサム」を紹介します。




・段ボールのくせに精度が高すぎる。

わんぱくスライムサムは、スライムとサムと女の人(アメリカ人?顔は映らない)が主に段ボールを使って子供向けのおもちゃを作るチャンネルです。例えばこの段ボールでラジコンを作っているのですが、段ボールで作る車のデザインのレベルが凄く高いです。タイヤまで段ボールで作ってしまっています。また、車を動かすシステムはとても参考になります。恐らくモーターやボタンなどの電気系統の部品は東急ハンズや近所のプラモデル屋さんとかで手に入るのではないでしょうか。はんだごてやグルーガンなど、少し専門的な道具も使っていますが、これらもホームセンターで買えると思います。最悪アマゾンでも買えるでしょう。






・水圧でロボットアームが素晴らしい!

子供に水圧の強さを教えるのは言葉では難しいでしょう。そこでこの動画がお勧めです。水圧だけでロボットアームが動いています。材料は主に段ボールで、注射器がところどころで使われています。段ボールの部品をどのようにして作るのかは少しピタゴラスイッチ的な発想が必要ですが、かなり綺麗に作っています。子供と一緒に作れば絶対に子供は喜びます。そして、こうした実験にも似たことを繰り返していけば、子供は理科系の科目が得意になり、将来は理系に進むでしょう。動画は他にもたくさんありますが、個人的には、「終わりのないDIYのカーレースのサーキット」もおすすめです。






・段ボールだけじゃない。化学的な実験も!

「わんぱくスライムサム」は段ボールでモノをつくるだけではありません。他のものを使った実験も行っています。例えば、スイカを使って様々な遊びをしています。表面のみに切り口をつけてチョップで真っ二つに割れやすくしたり、スイカに穴をあけてミントスとコーラを入れて火山のようなものを作ったりしています。また、レゴを使ってキャンディマシンを作ったりしています。






・まとめ

子供に理科全般に興味を持たせる方法は、子供と科学的なことをすることかなと思います。私自身、昔はミニ四駆を作っていて、エンジニアの父親に良く手伝ってもらっていました。父は専門の工具箱を持っていたので、ミニ四駆の修理は手慣れたものでした。そういう活動をしていたので中学校の理科の成績はかなり良かったです。(高校の授業がかなりつまらなかったため落ちぶれましたが・・・)

この動画は主に段ボールでおもちゃを作っていますが、私たちが作る際には特に段ボールにこだわらなくてもいいと思います。木材で作ってもいいですし、最初はプラスチックで既にできているものを流用してもいいと思います。大事なのは子供と一緒に作って楽しむことです。「パパ凄い!」と言われて、父親の尊厳を取り戻せることを祈っております(笑)







のぶしのてらこや(ホームスクールプラスα 運営会社)
ホームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
nobushinoterakoya@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です