【日本人】おい!4歳のホームスクーラーがいるんだってよ!【かわいい】

先日、カナダ在住のホームスクーラーRebecca Spoonerさんの話を記載しました。記事は結構公表でアクセスも普段のものよりも多かったです。そこで、今回は第2弾を企画しました。今回は日本人でホームスクールをしている人に焦点を当てたいなと思って探していました。結構「コロナ禍だからホームスクール始めました」的な話はあるのですが、それよりもコロナ禍より前からホームスクールをやっている人がいいなと思っていたら、一人見つけました。それが、Harry’s Homeschoolです。




・ハリー君は4歳の男の子

Harry’s HomeschoolはYouTubeのチャンネルで登場人物は4歳のハリー君、声のみ出演の1歳のキャリーちゃん、そして帰国子女のママ(ママも画面には出ない様子)の3名です。ママさんが主に撮影などの裏方を担当、動画に出るのはハリー君のみです。ハリー君は東洋系のお顔立ちですが、ハーフかもしれません。動画投稿が始まったのは1年前くらいからでしょうか。また、ハリー君は幼稚園にも通っているそうで、恐らく家での取り組みを「ホームスクール」と呼ばれているのかもしれません。(私は個人的にそれは全く問題ないと思っています。)




・4歳からマインドマップか!

動画は基本的に、ハリー君が色々やっている所を撮影しています。その中でも面白いなと思ったのが、マインドマップの作製です。マインドマップというのは、簡単に言えば、頭の中で考えていることを実際にビジュアル化する作業のことで、今回の動画だと、お弁当と給食、どっちがいいかを考えています。デザートがある、お腹いっぱいになる、作るのが大変、など、4歳児ならではの答えが出ているのが面白いなと思います。確かに、4歳でマインドマップをするのは難しいと考える人もいるかもしれませんが、私はいい試みだと思います。チャンネルの概要の所にも記載されていたのですが、ホームスクールの目的として、「国際社会で活躍するための「自分の意見を作る」「人に伝える」スキルを身につける家庭教育」という記載がありました。目的がしっかりしていて、素晴らしい取り組みだと思います。ちなみに別の動画でこのマインドマップを踏まえて、エッセイを書いています。エッセイの書き方は大学でも通用する書き方を教えていました。恐ろしや!






・他にも工作をしたり、旅に出たりなど

他にも色々な活動をされているようです。一番多かったのが工作でした。こいのぼりや七夕の飾りを作ったり、紙相撲のおもちゃを作ったりしている様子が見られました。また、旅行をしている様子もビデオにとられています。まだ、4歳ですし、色々なことをすることはいいなと思います。まだ、動画数は14なのでこれから色々なことにチャレンジされるのではないかと思います。






・ホームスクールはこんなところがスタートしてもいいのかも

ホームスクールというと、逆に「学校にいかない」というところを条件にしている方も多くいます。しかし、私はホームスクーラーが学校に行っても全然問題ないと思っています。逆にいきなりホームスクールするから、学校に行かない、というのも危険な感じがします。最初は、家で色々な独自の活動を行って、それと並行して学校にも行くという形から始めるのもいいのではないでしょうか。今回の紹介させていただいたホームスクールはそういう意味ではバランスがいいのではないでしょうか。

ハリー君のおうちは恐らくホームスクールを始めて何十年みたいな超ベテランというわけではないでしょう。しかし、逆に個人的にはこういうご家庭のホームスクールもみて見たいです。恐らく他のホームスクーラーも、他の所の「リアル」みたいなものを知りたいのだと思います。なので、特別成功しているとかそういうものでなくても構いませんので、「リアル」なホームスクールを取材させてくれるご家庭があれば、ありがたいなと思っています。






のぶしのてらこや(ホームスクールプラスα 運営会社)
ホームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
nobushinoterakoya@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です