ホームスクーラーの皆さん、性教育ってどうしてます?

表題のままです。正直避けたいけれども必要だと思う教育です。個人的には男女の云々というのもあるのですが、命の大切さについて学んで欲しいテーマです。本日はそんなちょっと触るのに勇気がいるテーマについて書いてみます。

・軽はずみな行為は自分のクビを締めることになる。

性的ないたずら、犯罪は当たり前ですが自分のクビを締めることになります。恐らく罪の意識がなく、性犯罪や性的な嫌がらせを行っている人は少なくないと思います。例えば直近の神戸市の教員いじめ事件において、いじめていた教員(男性)に別の教員(女性)に性的なメールを送るように強要する事象もありました。実は、私がいた通信制高校でも似たような事件があり、男子生徒が女子生徒にいやらしいメッセージを送る事件がありました。その高校では対応が後手後手に回り、教務に対して腹立たしく感じる事件でした。もちろん、こういった行為は法的にはもちろん、人間的にも最低な行為です。

・とはいってもどうやって「こういうことがいかん」と伝えるのか

確かに、親子間でこういった性教育を進めるのは難しいです。自分が自分の息子に(しかも、思春期の難しい時期に)こういった教育ができるかと聞かれると正直むずかしいなと思います。ここは自分たちで解決するというよりは、第三者の力を借りる必要があるようです。

・こういったイベントは案外多く行われている。

例えば、こくちーずでこういった親子で参加できるイベントが紹介されていました。恐らく親が教えるというよりも、第三者のイベントに親子で参加するという方法がいいのではないかと思います。また、どうしても自分で伝えたいという親御さん向けに、性教育の仕方について紹介しているセミナーもありました。

・伝えるべきことは性云々というよりも命の重さ

伝えるべきポイントと言うのは、命の重さではないかと思います。それが性的なことを軽んじてはいけないということにつながるのではないでしょうか。私が小さい時にペットの犬が出産しました。(しかも2回も)命が産まれるまでの過程を見てきたので、性的なことを軽んじることはなかったです。子供が出来るまでのビデオをみるだけでも性に関する価値観は変わってくるのではないでしょうか。

こちらの件に関しては、私も確実な答を持っているわけではないので、逆にホームスクールをされている家庭ではどういったことをされているのかを伺えれば幸いです。「こういうことをやっている」というお話があれば、ご連絡いただければ幸いです。こちらのブログで後記として記載できればと思います。



ホームスクールプラスα 運営会社
ホームスクールが1カ月でマスターできる親子研修 のぶしのてらこや
ホームスクールを支える塾のぶしのてらこやサブホームぺージ
ホームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
info@nobushinoterakoya.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です