ホームスクーラーは怒るかもしれないが、「とりあえず高校は行っとけ」は案外正しい判断

「とりあえず高校は言っておいた方がいい」というアドバイスをホームスクーラーやその親は受けることは多いと思います。それは、学校の先生だったり、親戚のおじさんだったりと様々です。「こちらの事も知らないで、おせっかいが!」と思うかもしれませんが、彼らも自分の常識の範囲で良かれと思って言っているので、そこまで目くじらを立てることはないと思います。一方で、「なんで高校に行った方がいいのか」という問いに対して、彼らは恐らくしどろもどろになるでしょう。

しかし、「とりあえず高校に行っとけ」は案外正しい選択支だと思います。今回の記事ではその理由を記載しておきます。

・最悪学年の節目まで行けば無駄にはならない。

学年を終えて、各教科の単位さえとっておけば、その単位を活かすことができます。例えば、学校のカリキュラムにもよりますが、高1の段階で高認受験教科の内、平均4教科が修了しています。高校を中退して高認を目指すにしても、0からのスタートと、残り半分からのスタートであれば、かなり違います。

・入学機会が1年に一回

中学卒業時に高校入学をしないと、次の機会は来年の4月になります。文科省では、高校卒業の条件として3年以上の在籍を必須としています。4月以降に入学したいといっても、高校側は拒否します。後で、「入っておけばよかった」とならないようにするためにも、入れる時には入っておいた方がいいでしょう。

・高卒資格は保険である。

高校卒業資格は保険になります。例えば、学歴が関係ない何かしらのプロを目指していたが、何等かの理由でそれがかなわなかった場合の保険になります。例えば、中卒で相撲の世界を選んだ場合でも、部屋から通信制高校に通わせてくれます。(通例でNHK学園の在籍するそうです。)通信制高校であれば、一般的な高校に通うよりも負担が少ないので、便利な方法だと言えます。

・その高校が嫌なら転校もできる。

高校は転校は可能です。入学した高校が実は自分に合わなかったというケースは結構あります。しかし、そういったケースに遭遇したとしても、転校してしまえば問題ありません。転校生の受け入れをしてくれる高校はたくさんありますし、経験上そこまで複雑な手続きもありません。

以上の点を考えると、中学卒業→高認というやり方でも、もちろん構わないのですが、少しでも迷いがあるのであればとりあえずは高校に進学をしておくことをお勧めします。入った高校が案外良かったということもあるでしょうし、やっぱり合わなかったということであれば、その時は退学をして高認を目指すこともできます。選択支はたくさんあるので、特に一つの方法にこだわらなくてもいいのです。




ホームスクールプラスα 運営会社
ホームスクールを支える塾 のぶしのてらこや
ホームスクールを支える塾のぶしのてらこやサブホームぺージ
ホームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
info@nobushinoterakoya.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です