ホームスクーラーは知っておきたい。運動はどうすればいいのか。

職業柄、これまでたくさんのホームスクーラーにあってきました。皆さん独自のホームスクールをされていて、本当に面白いと思います。一方で、大丈夫かしらと思ったこともあります。それが、彼らのほとんどがあまり運動をしていないということです。今回はその体育の必要性と、具体的にどのように運動をすればいいのかを今回の記事では記載しています。

・運動の重要性

学校で体育の授業は週3日ほどありますが、実はあれが案外重要です。時には先生がウザいと思ったこともあったとは思いますが、あの授業がないとひどい場合はまっすぐ走るということができなかった場合があります。日常でも、例えば電車に間に合うために走る場合もあります。何より健康のことを考えると定期的に運動をすることは重要です。気分転換にもなりますしね。

・運動嫌いな理由

ホームスクーラーで運動が嫌いな人は結構多いのではないでしょうか。その理由で特に多いのが、学校のクラスメイトとのとの比較でしょうか。他の生徒と比べて足が遅い、逆上がりができない、など、自分が得意でないことで比較され、みじめな思いをした方も多いのではないでしょうか。また、そういった生徒を教えるために先生がいるはずなのですが、先生がうまくなるために教えてくれたと言う経験をした人も少ないのではないでしょうか。これでは、運動が好きになるわけがありません。

・楽しさがわかってくると運動したくなる

しかし、一旦運動の楽しさがわかってくると運動をするようになります。最初は軽い運動がいいと思います。ウォーキングやストレッチなどがいいでしょう。毎日続けられるレベルで構いません。比較的大きな公園一周とかでいいのです。そうして、続けてみると何となく物足りなさを感じてきて、運動量が増えてきたり、強度が増した運動をしたくなります。

・人並み以上になれば、クラブに入れるのもあり

まずは基礎体力をつけていきましょう。歩くから、走るになり、走るスピードも速くなり運動に対して劣等感がなくなってくれば、クラブチームに入れてもいいのではないかと思います。野球から、サッカー、チアリーダーまで、運動にかんするクラブチームはたくさんあります。近所に住んでいる生徒と同じところを避けたければ、少し離れたクラブチームでもいいでしょう。これまでは一人で運動を行ってきましたが、クラブに入れば他の人とスポーツを行うことができます。運動はもちろん、社交性を育む場にもなります。

どんな仕事をするにしても、基礎体力は必要です。それを育むためにも体育は大事です。最初は親が付き合ってやるのもいいですね。例えば一緒のウォーキングをしたり、登山をしたりすれば、親もいい運動になります。



ホームスクールプラスα 運営会社
ホームスクールを支える塾 のぶしのてらこや
ホームスクールを支える塾のぶしのてらこやサブホームぺージ
ホームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
info@nobushinoterakoya.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です