ホームスクーラー向けの高校?:N高等学校の学校説明会に行って参りました。

本日(2019年10月31日)N高等学校の教育関係者向け学校説明会に行って参りました。4年前に開校した段階で1,452名が入学し、現在、11,317名の生徒が在籍しているマンモス校になっている高校です。注目しているホームスクーラーも多いのではないでしょうか。今回は学校説明会での内容と感じたことについて述べます。

・基本情報

ネットコースと通学コースがあります。ネットコースは基本的に高卒に必要なネット授業を受けられることと、ネット上のサービス(ネット上の予備校など)を受けることができます。通学コースは週1、週3、週5で分かれていて、通学してプログラミング、英語、中国語、プロジェクト学習などを受けることができます。プロジェクト学習では、社会にある何等かの課題に対して、自分なりの答えを見つけるような授業を行っています。ネットコースの場合の授業料の実質負担金はその家庭の年収にもよりますが、3年間で20万~40万になります。通学コースの場合、3年間で通学日数によって130万~260万ほどになります。大学進学というよりは、将来社会人になるために必要なことを学べる高校という印象です。

・日本トップクラスのシステムや仕組みが揃っている。

角川ドワンゴが母体の学校だけあり、各種システムのレベルは高いです。授業はパソコンやタブレットで受けることができ、レポート等の提出もそれでできます。また、学校卒業以外のメリットもあります。それは予備校授業の視聴や、専門学校の授業、プログラミング、職業訓練など色々な特別授業を受ける機会が与えられます。ニコニコ超会議での文化祭にも参加できます。その知名度を利用して、有名企業と生徒とのコラボ授業のようなものもあります。特にプログラミングコースは充実していて、3年ここで学習すればIT企業で問題なく働けるレベルになるそうで、実際に多数の就職実績があります。 普通の高校よりも様々な機会があり、利用すればかなり成長できるでしょう。

・生徒と話す時間があるとは言っているが…

先生できるだけ生徒と触れ合えるように、できるだけ他の仕事が短時間で済むようにしている仕組みがあります。説明会では、「生徒と話す機会を大切にしていて生徒一人あたり2カ月で30分ほど話す機会がある」と言う説明でした。これが長いか短いかは人によると思いますが、私は正直短いと思いました。コミュニケーションはzoomなどのコミュニケーション用のアプリケーションが使われます。直接の面接はあまりないようです。通学コースに行けば、そこのTAやほかの生徒と話す機会がありますが、ネットコースだと学校関係者と話す機会は正直あまりないでしょう。

・人は良くも悪くも大企業の人間、人材はまだ成長中

説明会に参加して思ったことですが、運営している職員は大企業の方なので、よく言えばきっちりしている、悪く言えばあまり人間味を感じないと思います。校長の奥平氏は元々教育畑の人間だということもあり、人間味が感じられる方でした。実際にN高に行ったことがある生徒から聞いた話だと、生徒はやはり何となく官僚的な接し方をされたという声を聞きました。今年新卒の先生が80名ほど入るそうで、教員の平均年齢が20代とのことです。これは良くも悪くもと言うところではないでしょうか。職場の口コミも見ましたが、自分から進んで行動できる先生が残る企業で、待遇面では残業をできるだけ少なくして、且つ残業代は支払われる教育業内ではホワイトな職場だと思います。

・進学等の実績

4年目なので、1年目の生徒が卒業しました。実績としては、大学進学が約19%、専門学校が約36%、就職が約27%、進路未定が約11%となっています。就職率が多いという印象です。プログラミング教育や職業体験などの取り組みの効果なのではないでしょうか。

・生徒のタイプ

フィギュアスケートの紀平梨花選手のようないわゆるスーパー高校生のような生徒もいますが、ほとんどは不登校生を含めた自身が何を将来したらいいかわからない生徒が多いようです。スポーツ好きと言うよりは文化系の生徒が多いです。正直、良くも悪くもオタクが集まる学校と言うイメージです。

・総評

個人的には自分の子供を行かせてもいい高校だと思いました。システム的なレベルが高く、授業も簡潔なので高校卒業のミッションは達成しやすく、職業訓練など他の学校では味わえない様々な機会がいいなと思います。人的なリアルなサポートや交流は正直受けづらいと思いますが、高校生であればバイトもできますし、学校以外で社交性的なところはカバーできます。(むしろ、学校内だけの人間関係で終わって欲しくない)何か特別な活動をしている生徒にとっては最適なことは言うまでもありません。オタクの学校というイメージは払しょくできませんが、他人の偏見とか気にしてもしょうがないですしね(気にしていたらホームスクールなんかできないです(笑))




ホームスクールプラスα 運営会社 のぶしのてらこや
ホームスクールが1カ月でマスターできる親子研修 のぶしのてらこや
ホームスクールを支える塾のぶしのてらこやサブホームぺージ
のぶしのてらこや
ホームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
info@nobushinoterakoya.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です