ホームスクールで図画工作の類はどうすればいいの?

ホームスクールでネックなところの一つは図画工作の類ではないでしょうか。ほとんどの親御さんが美術系の知識を持っていないでしょうし、何から始めたいいのかわからないのではないでしょうか。今回はホームスクールで図画工作をするためのヒントになるような記事を書きたいをと思います。

・美術の世界は広いし深い

美術とか図画とか工作とかで何をできるかと考えると結構広い世界だなと思われます。彫刻もあれば、絵画もあります。絵画一つとっても、どのような絵を書けばいいでしょうか。風景画、人物画、アニメーション、本当にたくさんです。学校では、学習指導要領によってどの学年に何をするかは決まっています。私には2歳上の姉がいますが、姉が2年前にやっていたことを私は習っていました。しかし、ホームスクールは好きなことを学習していいのです。結局、美術の世界で好きなことをやればいいのではないかと思います。例えば、一般的な学校でやらない服のデザインなんてものもいいのではないでしょうか。

・とりあえず模倣から始めてみては?

何をしたいかわからないという人もいるでしょう。そうであればとりあえず模倣から始めてみてはいかがでしょうか。こういう時にインターネットは便利です。YouTubeではあらゆる作品が発表され、その作り方が紹介されています。ピタゴラスイッチもいいですし、段ボールでサムライの鎧のようなものをつくっているものもあります。単純にアニメのキャラクターを書いてみるでもいいのではないでしょうか。まずは、何かをみて、これいいなと思ったら、作ってみましょう。

・美術館などに行くのも大事

学校で美術館に行くことって案外ないのではないかと思います。私もプライベート含めてあまり行かなかったですが、最近比較的行くようになりました。美術館でなくても、デパートでの催しもので期間限定の展覧会があったりします。ムーミンとか、スヌーピーなどのアニメの展覧会もあるので、楽しい時を過ごすことができます。

勉強は紙とペンだけで行うものではありません。手を使って、体を使って、感性を使って行ってもいいのです。なんとなく始めてみて、美術にのめりこんだみたいなことが起こったら面白いですね。



ホームスクールプラスα 運営会社
ホームスクールを支える塾 のぶしのてらこや
ホームスクールを支える塾のぶしのてらこやサブホームぺージ
ホームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
info@nobushinoterakoya.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です