ホームスクールの基礎その2~法律知識を身につけよう~

ホームスクールというのは合法なのでしょうか。学校関係者の中では、間違いなく違法と主張する方もいると思いますし、ホームスクールをしたいという親に対してそのように何癖をつける方もいます。ホームスクーラーが必要なことは正しい知識を身につけることです。今回は、ホームスクールをする上で最低でも知っておきたい法律部分について述べます。

・憲法26条

日本国憲法の26条には、以下のように記載がされています。

1項 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
2項 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。


この2文の通りですが、日本国民である子供たちは教育を受ける権利があるし、その保護者は教育を受けさせる義務があります。普通教育とはいわゆるいわゆる初等教育である小学校や、中等教育にあたる中学校、高等学校がそれにあたります。

・学校教育法第16条、17条

学校の先生が、「お子さんを学校来させないといけない!」と主張する理由がこの学校教育法です。

第十六条 保護者(子に対して親権を行う者(親権を行う者のないときは、未成年後見人)をいう。以下同じ。)は、次条に定めるところにより、子に九年の普通教育を受けさせる義務を負う。

(平一九法九六・追加)

第十七条 保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。ただし、子が、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまでに小学校の課程、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校の小学部の課程を修了しないときは、満十五歳に達した日の属する学年の終わり(それまでの間においてこれらの課程を修了したときは、その修了した日の属する学年の終わり)までとする。

② 保護者は、子が小学校の課程、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校の小学部の課程を修了した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十五歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを中学校、義務教育学校の後期課程、中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の中学部に就学させる義務を負う。

日本国憲法に定められていることをより具体的に述べたのがこの学校教育法です。いつからいつまでが義務教育であるかが記載されています。

しかし、学校教育法の18条で以下の記述があります。

第十八条 前条第一項又は第二項の規定によつて、保護者が就学させなければならない子(以下それぞれ「学齢児童」又は「学齢生徒」という。)で、病弱、発育不完全その他やむを得ない事由のため、就学困難と認められる者の保護者に対しては、市町村の教育委員会は、文部科学大臣の定めるところにより、同条第一項又は第二項の義務を猶予又は免除することができる。

ホームスクールが「その他やむを得ない事」にあたるのかどうかは教育委員会の判断になります。しかし、仮に義務教育の免除が認められた場合、学校に在籍していないことになり、義務教育を修了していない状態になります。この場合で進学した場合は、中学卒業程度認定試験、高校卒業程度認定試験に合格する必要があります。

・義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律

所謂、基本教育機会確保法です。2016年12月に成立しました。今年見直しを行う予定ですが、2019年10月3日現在、特に大きな変更は見られません。基本方針の抜粋が以下の通りです。

誰もが安心して教育を受けられるよう学校環境の整備を図ることを基本理念としつつ、学校以外の場で行う「多様で適切な学習活動の重要性」や、個々の子どもの「休養の必要性」を認め、子どもや保護者に適切な情報提供、助言等の支援を講ずるものとした。

平たく言えば、学校で教育を行うことは基本ですが、場合によっては他の場所での学習も認めるという法律です。この法律がホームスクールが認められる法的根拠になります。

法律をみて見ると、ホームスクール自体が合法ではあるものの、やはり学校や教育委員会に理解してもらう必要はあります。ホームスクールをするにあたって、やはりしっかりとした理由が説明できないといけないでしょう。

ホームスクールの基礎その3~学校と相談しよう~


ホームスクールプラスα 運営会社
ホームスクールを支える塾 のぶしのてらこや
ホームスクールを支える塾のぶしのてらこやサブホームぺージ
ホームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
info@nobushinoterakoya.org

「ホームスクールの基礎その2~法律知識を身につけよう~」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です