ホームスクールの基礎その5~行動計画を作ろう~

さて、ホームスクールを実際に始めるにあたって必要なものがあります。それは行動計画です。恐らく行動計画がなければ、ホームスクールはあまり長く続かないでしょう。そもそも何故学習をしているのかが見えないからです。行動計画作りがホームスクールの要といえます。今回はこの行動計画作りについて述べます。

行動計画の目的は、将来なりたい自分になるためどのようなことを行うのかを決めるためです。将来の目標は人によってそれぞれです。プロ野球選手になりたい方もいれば、医者になりたい方もいます。将来の目標は人それぞれなので、それに向けて行うこともそれぞれ異なります。

例えば、アメリカのメジャーリーグのプロ野球選手になることを目標とします。まずは野球の練習を行うことが行動計画に入ります。プロ野球選手でも色々です。投手でしょうか、野手でしょうか。投手だとしたらどのような投手でしょうか。速球派でしょうか、変化球主体でしょうか。できる、できないはともかく、まずは自分が描く将来像を制限なく考えてみてください。

行動計画は現在の自分と理想の将来像とのギャップを埋めるためのものです。例えば速球派投手をめざすのであれば、具体的には何キロ投げたいのでしょうか、現在は何キロで投げられるのでしょうか。理想との差が生じるのはどのような原因があるからでしょうか。その原因を解決するには具体的にどうすれば良いのでしょうか。具体的な練習方法は何をすればいいでしょうか。その練習方法が効果を出しているかどうか査定するにはどうすれば良いでしょうか。具体的な行動(練習・学習)と査定方法まで決めるのが行動計画です。

さて、メジャーリーガーになりたのであれば、野球だけで大丈夫でしょうか。例えばほかの選手とのコミュニケーションでは英語が最低限必要です。実績のある選手でなければ通訳を用意してくれません。また、生活においても日常レベルの英会話はできないとダメでしょう。英語は出来ればできるほど良さそうです。また、体を鍛えることに関する知識は必要ではないでしょうか。例えば、スポーツ科学という学問があります。こういった知識はメジャーリーガーになるためにはプラスにならないでしょうか。目標があるからこそ、学習する意義が見えてきます。

行動計画の作成は目標があればぼんやりではあってもおのずと見えてきます。そして、行動計画の作成はとても楽しいものになります。逆に何になりたいかわからない方は目標を見つけることから始めることをお勧めします。13歳のハローワークなど、いろいろな職業を紹介してくれている本もあります。具体的な職業ではなくても、方向性さえ見えれば行動計画が見えてきます。

ホームスクールの基礎その6~日々の結果目標と行動目標を立てよう~


ホームスクールプラスα 運営会社
ホームスクールを支える塾 のぶしのてらこや
ホームスクールを支える塾のぶしのてらこやサブホームぺージ
ホームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
info@nobushinoterakoya.org

「ホームスクールの基礎その5~行動計画を作ろう~」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です