学校で2020年プログラミング必修化されるので、ホームスクーラー向けにITの世界の話を少しします。

2020年に小学校でプログラミングが必修化されます。とは言っても、プログラミング言語を学ぶというよりは、プログラミング「的」なことを行って、思考力や論理性を高めることを目的にしています。今回はそんなプログラムを含むITについて記載してみました。

・実はプログラミング自体を学ぶわけではない。

プログラミング必須化と言われていますが、細かくいうとプログラミング言語自体を学習するわけではありません。しいて言えば、アルゴリズムを学ぶということでしょうか。アルゴリズムを平たく説明すると、問題を解くための手段を定式化したものと言えますが、詳しくはこちらをご覧いたらければわかりやすいでしょう。教材の一部として、マインクラフトの教育版を使用するという話になっています。これも、複数の命令を組み入れることでキャラクターが動き、アルゴリズムを学ぶことになります。

・ITの世界は年齢や財力にとらわれない力だけの社会

ITの世界では年齢制限はありません。事実小学生や中学生でアプリを制作した児童・生徒は存在します。力さえあれば、年齢に限らずお金を稼ぐこともできます。また、特に財力も必要ありません。今までは、材料代だったり場所代だったりが必要でしたが、ITの世界ではパソコン一つで成り上がれます。また、クラウドワークスのように、家で仕事をして納品することもできます。一度マスターすれば、普通のアルバイトよりもよっぽど稼げます。

・ITの世界は広く、深い

ITというとどのようなイメージでしょうか。最初はインターネットやアプリを思いつく人が多いのではないでしょうか。もちろんそれらもIT産業の一部です。しかし、もちろんそれだけではなくて、例えば大企業の人事管理システムを作ったり、ウイルス対策ソフトを作ることもIT産業の世界です。最初は身近なところから始めてみて、そのうちに専門にしたい分野が見えてくるのではないでしょうか。

ITの世界は30年前はすごく小さな世界でしたが、今は大産業の一つといっても過言ではないでしょう。何かを自分で作るのが好きなホームスクーラーは一度プログラミングを触ってみるのもいいと思います。



ホームスクールプラスα 運営会社 のぶしのてらこや
ホームスクールが1カ月でマスターできる親子研修 のぶしのてらこや
ホームスクールを支える塾のぶしのてらこやサブホームぺージ
のぶしのてらこや
ホームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
info@nobushinoterakoya.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です