机に向かうのが苦手なホームスクーラーには職人がお勧め

学習というと、ほとんどの方が机で勉強することイメージを思いつくのではないでしょうか。しかし、学習というのは別に机の上のみで行うことではありません。学び方や学ぶ物というのは人それぞれです。例えば、野球でスイングの修正を行うことも学習といえるのではないでしょうか。

案外世の中には机に向かうことが少ない仕事はたくさんあります。例えば、プロスポーツ選手、建設関係、芸能関係、動物園の飼育員、シェフなど、体を動かすことが主な仕事はたくさんあり、給与もそれ相応にもらえますし、その道を究めれば、リスペクトされます。

今回はそんな数ある体を動かす仕事の内、職人になる方法について述べます。職人といってもたくさんあります。刀鍛冶もそうですし、木工もあります。陶器もあれば、機械の部品作りもあります。マニュアルというのもないことはないでしょうが、やはり体の感覚やいわゆるカンというところを使って仕事をしているところが特徴ではないでしょうか。机の上で勉強することとはまた別の難しさがあります。

さて、職人を目指すとしてもどの仕事が向いているのでしょうか。まず言えることですが、自分に向いている仕事というものは、結局自分にしかわかりません。仕事の種類は本当に山のようにあります。例えば以下のサイトでは伝統工芸の後継者の募集を行っておりますが、日本各地でたくさん後継者を探しているところがあることがわかります。

参考(四季の美): https://shikinobi.com/job

こういったサイトを見ながらまずはどのような仕事があるのかを知るのが一歩目になります。結構1日体験ができるところがありますので、そこで実際に作ってみるのもいいでしょう。

机に向かうのが苦手だから、勉強が苦手だから、人生が終わりということはまずありません。それは別の才能が存在するということです。ホームスクールの自分に合った学習ができます。こうした、通常の学校ではカバーしてくれないところに注目できるのもホームスクールの良いところではないでしょうか。


ホームスクールプラスα 運営会社
ホームスクールを支える塾 のぶしのてらこや
ホームスクールを支える塾のぶしのてらこやサブホームぺージ
ームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
info@nobushinoterakoya.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です