梶谷と井納の巨人移籍から思うこと ~環境が人を育てる~

この記事を見た人は2つのウチのいずれかの反応をするだろう。「梶谷、井納、誰?」という反応と、「ああ、野球の話しか」という反応である。実は私は横浜ベイスターズファンである。とは言っても、先にベイスターズファンになったのは妻が先で、私は妻が毎日野球の試合を見ているうちにベイスターズファンになった感じである。ちなみに妻は、ラグビーも相撲も見る。女性としては珍しいタイプだろう。




さて、話をまとめてみると、今期、梶谷と井納は横浜ベイスターズという球団に在籍していた。また、彼らは今季末にFAという、簡単にいうと違う球団に移籍できる権利を得た。(プロ野球はサッカーなどと比べて違うチームへの移籍が難しいのである。)結果、2人とも金銭的に条件の良い読売ジャイアンツ(通称クソ巨人)へ移籍したのである。




この2人が移籍した本当の理由は知らない。上記のように金銭的な条件なのかもしれないし、契約年数の長さなのかもしれない。しかし、案外プロ野球選手というものは、そんな現金な人間ではない。ピッチャーである井納からすれば、先発ピッチャーの層が比較的薄い今のジャイアンツであればイケル!と思ったのかもしれない。現に、今年が契約最終年で去就が注目されていたネフタリ・ソト選手は横浜ベイスターズに残留している。複数年契約だったということもあるが、本人曰く愛着のあるチームでやっていきたいということだろう。そこでちょっと思うのは、梶谷、井納の2人には球団への愛着はなかったのだろうか。少なくとも、球団移籍を妨げるほどの愛着はなかったのだろうと思う。




どちらも、30代の選手である。横浜ベイスターズは若手主体のチームで、若手をどんどん登用するチームである。今年も長年ベイスターズにいた石川選手やロペス選手も戦力外となり、次はわが身だったのかもしれない。それに比べたら巨人は30代の選手が多い。そもそも、他の球団からいい選手をどんどんお金で移籍させるチームである。年齢層が高めなのは当たり前である。




とは言え、実は私個人的には2人の移籍には賛成である。理由は、自分により合うだろう環境に移るということは当たり前のことである。仕事であればなおさらである。プロ野球選手は個人事業主である。終身雇用なんてものはない。1年1年が勝負なのである。彼らの選択に外野がどうこういう資格はない。また、梶谷や井納がFAをしたときに、ファンは全力で止めてくれ!と思っただろうか。少なくとも、浜の番長こと、来期の監督である三浦大輔が現役時代に阪神へ移籍が騒がれた時ほどは、「移籍しないでくれ!」と叫んだファンは多くないだろう。




Sports Graphic Number ベスト・セレクションの愛読者である私は、移籍と聞くと元巨人の西本聖という投手を思い出す。ドラフト外で巨人に入団し、江川を差し置いて沢村賞を受賞したほどの投手である。走り込みを欠かさず、バスの中ではつま先立ちをし、一本歯の下駄をはいていたような選手である。そんな西本だったが、巨人の中ではあまり好かれていなかったという話だ。妬み・ひがみもあったのだろう。コーチとの確執もあり、それが遠因になったのか、中日へ移籍する。




中日へ移籍して西本投手が驚いたのはチーム内の自由度だったそうだ。巨人では管理野球が徹底されていて、生活においても30分前集合や染髪やひげの禁止など今でもある。中日には、当時三冠王を取った落合博満が在籍していて、彼が自由に練習をしていたこともあり、そこから練習に関しては個人の裁量があるチームだった。その雰囲気がよかったのか、西本投手は移籍1年目で20勝をマークする。




巨人から他の球団へ移籍して活躍している選手は他にもたくさんいる。松井秀喜の後継者として期待されていた大田泰示選手は巨人ではあまり芽が出ず、日本ハムに移籍したが、そこで20本塁打、打率.289のキャリアハイの成績を残したし、広島へ移籍した一岡竜司投手も移籍1年目から2勝2セーブ16ホールド、防御率0.58と覚醒した。環境が変われば、実力が発揮されるということはよくあることなのである。




ここでようやく教育的な話しになるのであるが、これは何もプロ野球に限ったことではない。仕事においても、学校においても同じことが言える。環境は組織によって様々である。厳しい環境の方が育つ生徒もいれば、褒めて伸びる生徒もいる。他人にとって最適な環境が自分にとって最適とは限らないのである。もし、たまたま入った学校が自分に合わないのであれば、他を探していいところがあれば転校すべきである。ずっと、同じところに長年いることを美徳のように思っている人もいるかもしれないが、それはただ単に自分の開花していない才能を無駄にしているだけなのかもしれない。




のぶしのてらこや(ホームスクールプラスα 運営会社)
ホームスクールプラスα
在宅留学.com
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
nobushinoterakoya@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です