海外に飛び立ちたいホームスクーラーの高校留学あれこれトラブル話

前回のブログで、高校生の留学に関して述べました。今回は高校留学の話で具体的に皆どの国に行っているのか、そして高校留学の特徴について、留学を体験した生徒や留学エージェントから色々聞いた話を述べたいと思います。

・アメリカやイギリスは色々な意味で高校留学は難しい

在籍している学校と提携している現地の学校に1年間行くプログラムを持っている学校は何校かありますが、私費留学になると難しいのがアメリカとイギリスです。ボーリングスクール(寮がある高校)だとまず金銭的なものがかかります。授業料や滞在費を含めると何百万~一千万レベルです。それに加えてアメリカは、高校からの留学を結構制限しているようです。「留学なら大学からでいいだろう」というスタンスを取っています。

・アメリカとイギリス以外が英語圏では人気

現実路線でいうと、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドが人気で、留学エージェントもこの辺りの取引がほとんどです。費用も年間200万~と比較的何とかなるレベルです。授業に関しては、カナダの方が比較的厳しめと言う話で、オーストラリア、ニュージーランドに関してはそこまで難しくないと聞きます。カナダでも西海岸は留学生が多いようです。これはアメリカでもこの特徴があります。また、ニュージーランドでは、学校内での試験と同様に、NCEAという外部の組織の試験を単位を取るために受けなければなりません。

・新学年が始まる時期が異なる

カナダであればアメリカと同じ9月が新学年の開始月です。中学を終えて、半年間は語学留学しているのが基本路線のようです。また、オーストラリアとニュージーランドに関しては、1月新学期開始です。中学在学の生徒は3年次の1月に現地に出発するパターンが多いようです。(学校側も中学卒業資格を出してくれたとのことでした。)英語はあらかじめ鍛えておく必要がありそうです。

・差別的な発言もないことはない

アジア人差別の度合いは、その国や国内の地域によって異なります。私はカリフォルニアでしたが、正直全くなかったです。しかし、アメリカでも、それ以外の州になると異なります。南部は激しいと聞きますし、ネバダでひどい目にあったという話もありました。また、オーストラリアは案外あるという声を聞きます。この辺りも留学先を選ぶキーにはなりそうです。

・途中で退学してしまう理由は学業よりも現地での生活

留学を途中でやめて日本に帰る理由としては、成績不振というよりは生活によるストレスや病気がほとんどでした。ホームスティ先とのトラブルはよく聞きます。結構細かく文句を言ってくる人も多いようです。また、現地の風土(カナダは寒い)に合わなかったという声もききました。食事も合わないことも多いでしょう。

・日本の全日制の高校には編入しづらい

仮に、途中で帰ってきたとしても日本の全日制の高校に編入することは難しいです。これは高校側がおかしいのですが、両親の仕事の都合で海外に行った場合は受け入れるのですが、私費留学の場合は受け入れないという形をとっているところが多数です。一方で日本の通信制高校では編入を受け入れてくれるところは結構あります。

とは言っても、現地で友達ができたり、外国語が流暢になったり、など留学エージェントが言うようなメリットもたくさんあります。留学はベネフィット、リスク両方あるので慎重な検討が必要だと思います。


ホームスクールプラスα 運営会社
ホームスクールが1カ月でマスターできる親子研修 のぶしのてらこや
ホームスクールを支える塾のぶしのてらこやサブホームぺージ
ホームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
info@nobushinoterakoya.org



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です