算数とか数学とかは勉強しないといけないのか悩むホームスクーラーへ

ホームスクーラーで好き嫌いが分かれるのがこの算数とか数学という部類だと思います。好きなコは好きなのですが、嫌いなコは本当に嫌いです。才能的なものが絡んでくる科目かもしれません。勉強してもできないと、やる気もなくなります。「苦手であれば算数や数学を勉強しなくても良い」と言う人もいます。今回はそんな算数や数学の学習について触れてみました。

・理由がなければ学習をする必要はない。

まずどのような科目でも言えることですが、算数や数学を学習する理由を見いだせないのであれば、学習する必要はありません。恐らく、微積分や三角関数というようなものは一般の仕事の中で使われることはないです。例えば将来の仕事を数学とか算数が必要ないもの、例えば文学作家など、を目指すのであれば学習する必要性はないでしょう。

・高認を取るなら数Ⅰの範囲の学習は必要。

高認を取得するのであれば、数学は必須で数Ⅰの範囲の学習が必要です。合格するには、その下地になる中学数学の基本的な知識は必須です。しかし、高認は基本的なレベルの範囲なので、正直なんとかなると思います。どうしても実力での科目合格が難しいのであれば、通信制高校の科目履修がお勧めです。

・生活の上で少なくとも小学校レベルのことは知っていると役立つ。

所謂算数レベルというのは、生活のあらゆるところに出てきます。例えば料理レシピで、大匙2分の1杯と言うような記載もありますし、不動産の広告でも面積の話が出てきます。四則計算(足し算、引き算、掛け算、割り算)も買い物の時には必須です。よく電卓を使えばいい、というような意見がありますが、案外電卓は打ち間違ったりします。また、いつでも電卓を持っているということはないでしょう。数字を打つこと自体も面倒です。正確な数字は出せなくても、大体の概算が出来るだけでも買い物は楽です。

・案外食べず嫌い?

そもそもなぜ算数が嫌いなのでしょうか。それを紐解くためには、どのレベルから数学ができなくなったのかを探る必要があります。計算ができても、図形ができないというパターンもあるでしょう。例えば、こちらのちびむすドリルでは、各学年のプリントがダウンロードできます。小学校1年生の範囲から問題を解いてみてどこからできなくなったのかを調べてみましょう。自分が詰まっているところが解決されると案外算数が得意になるかもしれません。苦手は克服されると逆に得意になるものです。

案外あるパターンとしては、好きなことを学習していくと数学にたどり着くというパターンです。例えば、デザイナーを志していた生徒が数学を学習する必要性を感じたそうで、苦手だった数学を学習し始めたというケースがあります。やる気があれば学習は進むものです。やりたいときにやりたいことをやる、それがホームスクールの素晴らしいところではないでしょうか。



ホームスクールプラスα 運営会社
ホームスクールが1カ月でマスターできる親子研修 のぶしのてらこや
ホームスクールを支える塾のぶしのてらこやサブホームぺージ
ホームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
info@nobushinoterakoya.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です