1歳7カ月の息子が選んだ絵本5選

ウチの息子は読書歴が2年ほどになる。このように書くと、題と矛盾しているように思われるがそうでもない。なぜなら、お腹の中にいる時から「読み聞かせ」を行っていたからだ。声に反応して、お腹を蹴っていたこともある。それだからか、息子の手足はかなり長い。将来はモデルにでもなる気だろうか。そんな息子も絵本ならなんでもいいというわけではない。嫌いな絵本をとりだせば「イヤイヤ」するのである。逆にお気に入りの絵本は何回も持ってきては「読め」とせがむ。私の膝の上に座りながら、絵本を読んでもらうのが彼の専売特許である。正直なぜこの絵本が好きなのだろう?と思う絵本もある。今回は、そんな大人の好み関係なしに息子が選ぶ絵本5選を紹介したい。




・とらた と トラック(副音館書店)

凄く正直ベースで言うと、この本のなにが面白いのかがわからない。ストーリーも何のひねりもない、絵も特別かわいいというわけでもない。なんか、金持ちの子どもが「パパ絵本作りたい」と言って、金の力で自費出版したような感じである。しかし、これがウチのコにはブームなのである。一日何回も「読め!」と持ってくる。ひどい場合は、読んだすぐ後に「読め!」と持ってくる。内容は、虎の子のとらたがトラックを修理して洗ってあげる話しである。ちなみに、ウチのコはとらたを指さして「ブタ!」と言った。



・いちご (福音館書店)

正直これは、息子と私の趣味が一致した絵本である。前述の「とらたとトラック」と現在双璧をなしている。元々、息子はいちごが好きで、たまたま本屋のこの絵本があり、購入した。内容は、いちごが成長するまでを描いている。この本の絵がリアルなんだけど、何か温かいものを感じる。息子はいちごの絵を指して「ご!ご!ご!ご!」と叫んでいる。なぜか、「いちご」とは言わない。ちなみにりんごも「ご」である。この本のシリーズである「くだもの」も同じく素晴らしい作品だと思う。



・プータン どこいくの(JULA)

物語は、ブタのプータンが友達と、おもちゃの車でおじいさんの家の行くという話。特徴は、絵本に車が2つついていて、ページをめくるごとに、色々な乗り物に変わっていくことである。ウチのコは、そのタイヤが好きなようで、よくこの絵本を持ってくる。残念ながら、話しが少し長いのと、ウチのコがかなり絵本を破ってしまったため、ページがない所もあるため、こちらで勝手に物語を作って遊んでいる。消防車やパトカーの所は、柳沢慎吾のものまね状態である。この絵本のせいなのか、息子は乗り物系の絵本が結構好きである。



・きょうのおやつは (福音館書店)

ウチの中で一番「きれいな」絵本である。というのは、中身がすべて銀紙で貼られている少し特殊な絵本だからである。絵本を立てにしてページとページを直角にして読む本で、そうすると横になっているページが縦になっているページに反射して、縦のページの向こうにも横のページが映るようになっている。話しの内容は、ホットケーキを作る話しなのだが、息子は、そこはあまり興味がないらしい。自分好きの息子は、絵本に映る自分が好きなのである。自分が映ると、すかさず「チュー」をするのである。ページをめくってチュー、ページをめくってチュー。ページが開きにくくなることはいうまでもない。



・ぽんちんぱん (福音館書店)

ある意味一番思い入れのある本である。なぜなら、私たちが住んでいる板橋区は、妊娠すると図書館で絵本が2冊もらえるからである。この絵本はそのうちの一冊である。内容はあってないようなものである。パンに目と口と鼻をつけて「ぽんちんぱん」にするだけである。しかし、これが結構私も息子も好きなのである。「パンパン しょくぱん ぽんちんぱん」という言葉が凄くリズミカルで、息子もそのリズムを真似するのである。そのおかげか、「パン」という言葉は、息子は結構早期に覚えたし、結構パン好きである。ちなみに一番好きなパンはクロワッサンのようだ。



今回は5つの絵本を紹介したが、正直ウチには50冊位絵本あり、他にも紹介したい本が山ほどある。絵本をかなり早期から読んだからか、息子は絵本含めて本が凄く好きである。そして言葉の覚えも早い。こういう風になったのはかなりいいことだなと思う。なので、息子が絵本を持ってきても、嫌がることなく絵本を読んであげることにしている。さあ、今度はどんな絵本を買ってこようかな。

アメリカオンラインスクール在宅留学.comでは随時学校説明会を行っています!

のぶしのてらこや
ホームスクールプラスα
アメリカオンラインスクールの在宅留学.com
アメリカオンラインスクールの在宅留学.com(Eng)
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
nobushinoterakoya@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です