学習とか練習とかにつまらないと感じた場合~ホームスクーラーが直面する壁~

勉強自体が楽しければいいのですが、すべての科目が好きというわけにはいきません。また、スポーツなどの練習においても同じことが言えます。野球自体は好きだけどノックを1000本受けるのはつらいみたいなことはあります。今日はそんなホームスクール活動がより楽しくなるTipsについて述べたいと思います。

・ゲーム感覚にする。

簡単に言うと、活動を数値化するということです。案外色々なことが数値化できます。ベタなケースですと学習したことをテストするということができます。なんでもいいのですが、勉強した内容を確認するためのまとめプリントみたいなものを使ってテストをします。あらかじめ、何点が合格点のようなものを決めておきます。合格だったらプリンを食べる、みたいに自分にごほうびをあげるといいでしょう。テストの結果だけとは限りません。努力賞的な方法もあります。例えば、問題を10問解いたらご褒美、みたいな感じです。これは何も勉強だけに限りません。ジム通いでも同じことができます。5キロ走ったらご褒美とか、3キロを~分以内で走れたら合格とかそんな感じのことができます。また、数値化することで、自分の努力量や実力が見える化されます。こうすれば、次により高い目標値を明確にすることができます。

・とりあえず3日頑張ってみる。

3日坊主と言う言葉がありますが、案外3日もできると3日坊主にならないものです。3日やって、今日はやらないとなるとなんか逆にやらないことが気持ち悪くなってきます。3日やるとその活動は習慣化してきます。まあ、もっとも3日持たなかったら相当その活動をすることは自分にあっていないのかもしれませんが。

・まずは少ない量から

筋トレと同じですが、いきなり多い量をこなすことは不可能です。腕立てをいきなり100回やれと言われてもできませんし、できたとしても次の日は筋肉痛で絶対にできません。学習も同じで、全く勉強していなかった人が、いきなり10時間勉強したとしたら、頭がパンク状態になるでしょう。無理は禁物です。まずは自分が確実にできると思う量から開始しましょう。1日大問1つ解くだけから始めてもいいのです。そこから徐々に量を増やしていけばいいですから。

・自分が納得できる理由を持つこと

自分自身をだますことはできません。その活動が長続きしない理由は、きっとそれをする理由がないからです。それは内的な理由、外的な理由なんでもいいのですが、自分がその活動をすることに納得していることが必須です。その活動をすることに疲れたり、飽きたりしてしまった時、もう一度なぜその活動を行っているのかを自問自答してみてください。その活動を行う理由が仮になくなってしまっていた場合、その活動は申しなくていいのです。そもそも、その活動を行うかどうかは自分の自由なのですから。

投稿一覧

私もこのブログを続けるのにも自分なりの理由がありますし、その理由があるかぎりは続けていきたいと思います。皆さんも納得できるホームスクールライフを送ってください。

ホームスクールプラスα 運営会社
ホームスクールが1カ月でマスターできる親子研修 のぶしのてらこや
ホームスクールを支える塾のぶしのてらこやサブホームぺージ
ホームスクールプラスα
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
info@nobushinoterakoya.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です