TOEFL対策は無料オンライン教材を使った方がいい!

なんでこの記事を書いたのか

TOEFLをはじめ、英語関連の資格で教材の紹介がされているサイトをよく見ます。しかし、これらのほとんどがステマと呼ばれているものなんだろうなと思います。いいことしか言わないし、当たり前ですがなんか広告感があります。

私もこれまで、たくさんの英語教材を使っていきました。しかし、最近その有料の英語教材も頭打ちを感じます。結局市販の教材で記載されている内容はネット上でも同様の情報が得られるからです。

実はTOEFL試験対策問題は無料で手に入るようになりました。サイトもありますが、YouTubeを覗けば、TOEFLのリスニングやスピーキングの問題はゴロゴロしています。世の中は、オープンエディケーションの時代になってきました。つまり、インターネットアクセスさえあれば、誰もが無料で教材が手に入る時代です。

実は、私は今回のTOEFL対策で教材費を「一切」使っていません。全て無料教材を使いました。今回は、TOEFLの無料教材でどのような教材を使ったのか、実際に使ってみてどうだったのかについて記載したいと思います。こういった体験記は他の所では見られないため恐らく貴重な記事になると思います。




結果だけ言えば、有料教材よりも使えた。

無料のオンライン教材を使った感想としては、「有料教材よりも使える!」でした。事実、無料オンライン教材を使って、TOEFLのスコアが伸びたので、結果をしっかり伴ったのが大きいです。且つ、PCで受講するので、個人的には学習がしやすいという点もあります。また、AI採点をしてくれるオンライン教材もあり、この点において有料教材よりも優れている教材も出てきているのが実情です。




有料教材だから大丈夫というわけでもない

私は無料教材に出会うまでは、もちろん有料教材を使っていました。旺文社であったり、アルクであったり、様々な出版社のものを使いました。有名な出版社の方が、問題に信頼度もありますし、解説もしっかりしているだろうという思いもありました。

しかし、蓋を開けてみると、「思っていたほどでもないかなあ」という感じです。何冊かは「必要以上に」難しい問題もあるように思われました。例えば、医療の専門用語が飛び交うような問題だと、逆にネイティブでも戸惑うのではないかと感じます。実際のTOEFLの問題は、大学でも一般教養レベルの授業を想定しているのでそこまで難しい内容は出ません。特に上級者向けのものを買ったわけではないのですが、それでも難しく感じたことがあります。こういった教材は逆に受験者の自信を無くします。

また、どの本もスピーキング対策が「あまり参考にならなかったな」と感じました。どの問題の模範解答も、ネイティブの外国人がスクリプトを棒読みで読んでいるような感じでした。ひどいものだと、実際の回答時間よりも長く答えているものもありました。

後は、有料教材のほとんどが紙ベースだということです。実際のテストはPC画面で行います。全てPCで学習できれば、臨場感も相まって良かったのかもしれませんが、紙ベースだとこの点でどうしても限界があります。

まあ、正直お金を出した割には、期待ほどは使えなかったという感じがします。確かに、「まったく参考にならなかった」と言うほどでもないのですが、なんとなく「そこじゃないんだよなあ」的な感じはしました。




今回使ってみたオンライン無料教材はこちらの3種類

TOEFLのオンライン無料教材に関しては、Facebookのグループで聞いてみて、2つのサイトを紹介して貰いました。共通点としては、どちらもTOEFLの問題を一通り解くことが出来る点です。リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングすべて受験することができます。どちらも本番さながら最初から最後まで受験することもできますし、1セクションのみ受けることもできます。

KMF

中国のサイトです。中国語で記載されているため、基本なんて書いているのかはわかりません。しかし、听力=リスニング、阅读=リーディング、口语=スピーキング、写作=ライティングというのは何となく漢字からわかります。現状49セットのTOEFLの問題を受験できるようです。一通り受験することもできますし、各セクション別で受験することもできます。

リーディングに関しては、最新のTOEFLに対応した問題を出しているため、本番でも落ち着いて受験できました。やはり、できるだけ同じ状態で学習することは効果があるようです。一方で、解答が答えのみなので、そこは弱点かもしれません。もっとも、解説も中国語であれば、何を言っているのかわからないのでいいのですが。リスニングに関しても同様で、解答はあっても解説はありません。しかし、スクリプトと音源があり、文ごとにスキップすることができるのでそこは優秀です。リスニング教材としては結構優秀です。恐らく有料の本の物よりも使いやすいでしょう。スピーキングとライティングに関しては、問題があっても、模範解答のようなものはありません。スピーキングも、リスニングのスクリプトと音源が用意されていて、文ごとにスキップできます。この点でいれば、自分で問題を確認することは充分です。ライティングの関しても、Integrated Problemに関しては問題の確認ができます。自主的に問題を解くには充分でしょう。

問題の難易度は恐らくTOEFLの問題と酷似しています。なんとなくですが、市販の教材から問題をパクっているのかもしれません。なんとなく「これ見たことあるな」というものはあります。後はたまに問題を解いていると、バグって先に進めない時があります。複数のセクションを一気に受験しているときに起こることがあります。まあ、無料なのであれば、個人的には満足いく内容になっています。

TOEFL BANK

同じくTOEFLのFacebook学習グループで教えてもらったサイトです。学習グループの中ではこのサイトでは、人気があるようです。基本言語は英語で記載されているので、TOEFLを学習する方であれば使いやすいサイトであると思います。

前述のKMFと同様に、4技能すべて受験することが出来ます。本番通りにすべて受験することもできますし、セクションごとに受験することもできます。少しKMFと違うのは、セクションごとに受ける際に、何を学習するのか自分で選ぶことができません。ランダムに問題が出されてそれを解くみたいな感じになります。例えば、ライティングはIntegrated ProblemとIndependent Problemがありますが、どちらか出された方を解かざる得ない状態になるのです。また、リスニングも大問1に問題が一つしか出されません。この点で言うと少し不便な点があるように思われます。

一方で、このサイトの素晴らしいところは、スピーキングやライティングの問題に対して、AIによる判定をしてくれる所です。これまで、どの教材でもこの手の問題では模範解答のみ出されました。しかし、このサイトではAIに採点のポイントが教え込まれ、それに基づいて採点がされます。TOEFL本番でも、採点に関してはAIに頼るところと人間の手で採点するところがあるようです。今回の場合はAIがつかさどるところのみの採点ですが、それでもこの採点は良い目安になっています。

・TOEFL Reading, TOEFL Listening

どちらも無料アプリです。TOEFL Readingは大問が30問あります。解答もありますが、それを見るには30秒程度の広告を見なければなりません。しかし、無料で使えるのでこの点では問題ないでしょう。TOEFL Listeningは大問が50問あります。特に解答を見る際に制約はないのですが、所々で広告が映っています。しかし、そこまで見苦しさを感じることはありません。どちらもGoogle Playでダウンロードできます。少し時間ができた時などで軽く学習する時には最適なのではないでしょうか。


無料オンライン教材は、私はかなり良かったと思う。

私は、基本はKMF、スピーキングセクションのみTOEFL BANKを使っていました。元々KMFの方が先に使っていて使い慣れていた感もあり、TOEFL BANKはスピーキングの採点を知りたかったので使っていた感じです。また、KMFだと各セクションの問題を一通り受験することができるので、その点の便利さもあったと思います。

KMFもTOEFL BANKも2回目のTOEFL受験の対策で使用しました。1回目の時は市販のテキストを使っていました。2回目の方が1回目よりもスコアは上がったので、少なくとも教材として結果を出したのではないかと思います。どちらもPCを使って学習をするので、本番はそこまでの違和感がなかったのが大きかったのではないかと思います。1回目の時は結構緊張していましたが、2回目の時はこれらの教材で慣れていたためそこまででもなかったです。

今後はTOEFL BANKのライティングセクションをもっと多用したいなと思っています。元々ライティングは得意なはずで、前回のテストでも手ごたえがあったのですが、そこまでスコアは伸びませんでした。前回のテストまではライティングセクションをTOEFL BANKで受けなかったので、これで何が良くて、何が悪いのかが検証できるのではないかと思います。もちろんTOEFL BANKは詳細な添削をしてくれないので、そのあたりはGrammarlyに頼ろうと思います。GrammarlyはTOEFL専門のサービスではありませんが、詳細な添削を無料でもある程度してくれるので助かります。




まとめ

今回はTOEFL対策の無料オンライン教材を使ってみた体験記を記載しました。無料オンライン教材というと、少し頼りなさそうなイメージですが、結果論でいうと、市販で売られている教材よりも使えるものが多かったです。むしろオンラインで使える分、そのメリットを生かして、AIなどの技術を応用しているものもあります。今の時代はオープンエデュケーションの時代で、学びたい人はオンラインで探せば、無料教材はあちこちにあるものです。また、今回は使っていませんが、YouTubeを少し覗けば、TOEFL関連の教材、特にリスニングやスピーキング用の教材はたくさんあります。正直もう有料の教材を使う時代は終わったのかもしれません。




英語の学習で迷っているという方へ

さて、「いくら勉強しても英語が上手くならない」「英語の学習方法で迷っている」という方に朗報です。弊社で新たに「英語コーチングの猫猫コーチング」というサービスを始めました。外国人のメンターと週一回、英語学習に関する目標作りと具体的な学習方法について話し合うコーチングサービスを行っています。ご興味がある方は下記リンクよりアクセスください。








のぶしのてらこや
ホームスクールプラスα
英語ができないを「できる」の変える猫猫コーチング
お問合せに関してはこちらからご連絡ください。
nobushinoterakoya@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です