フリースクールってどんなところ?フリースクールはホームスクールの助けになるか?

(この記事は2021年12月10日に更新しました。)

この記事を書いた人




(何回もこのサイトで記事を読んでいただいている方はこの部分は飛ばしてください(笑))

こんにちは、
川崎と申します。

通信制高校のサポート校で入学窓口として働いていました。
また、東京の通信制高校の集まりで広報を担当していた。
縁もあって色々なオルタナティブスクールにお邪魔することも多く、
この業界についてはそれなりに知っていると思っています。

入学窓口として働いていて、様々な生徒背景に出会いました。
それは、ディスレクシアやギフテッドといった学びに特徴がある生徒、
私費留学から戻ってきて受け入れ先が見つからない生徒、
芸術やスポーツなどの一芸に秀でている生徒、
様々な生徒が一般的な学校の枠組みに収まらないため、
苦しんでいる話を聞いてきました。

この記事を書きたいと思った理由は、
世の中には様々な学びがあることを広めたいからです。
学校に行くだけが学習の方法ではありません。
家庭を中心に自由に学習が出来るのです。
しかも、世界は誰でも無料で学べる、オープンエデュケーションの時代を迎えました!

また、受験勉強をして大学に入学して、会社の就職する、という進路は、
進路の一つでしかないのです。
このサイトの中で様々な進路も紹介できればと思います。


フリースクールっと言っても色々



学校に行かないと決めて、変わりに毎日通うところの候補としてフリースクールを挙げる人もいますが、この記事ではフリースクールというのはどのようなところなのかを述べたいと思います。

フリースクールって何?という質問に対して簡単にいうと、学校に行かない児童・生徒が昼間過ごす所というのが一般的な答えです。フリースクールにも色々ありますが、まず学校のようにカリカリ勉強をするところはまずないのではないでしょうか。学習をする場というよりは、遊びの場という感じです。

学校の半分位のところや、ほとんど学習をしないところもあります。遊びの内容もフリースクールによってさまざまですが、なぜか卓球台を置いているところが多いです。スタッフが何かやってくれるところもあれば、子供のやりたいままにやらせているところもあります。

フリースクールの教育方針の結構バラバラです。農業体験をさせてくれるところもあったり、太鼓をたたかせるところ、芋版を作ったりするところもあります。


どうしても授業料は高くなる



公立のフリースクールもないこともないですが、フリースクールのほとんどは私立です。特に国からの補助金が出ているというわけでもないので、その分は月の月謝に跳ね返ってきます。大体月で5万円というのが相場ではないでしょうか。一般家庭だとちょっと手が出ない金額です。

フリースクールの他の問題は、地方に少ないということです。都市部では結構あるのですが、地方にはあまりないです。利用したくても利用できない人も多いのではないでしょうか。

案外あるのが同族嫌悪です。フリースクールは不登校生が通うところです。正直不登校生というフレーズにポジティブなイメージを持つ人はほとんどいないのではないでしょうか。

フリースクールに行くということは、そんな不登校生と一緒にされるという思いがして、フリースクールに行きたがらない生徒もいます。また、実際に行ってみて、他の児童・生徒と合わない生徒もいます。


結局みんなフリースクールに行っているの?



文科省の統計だと、フリースクールに通っている生徒は不登校生全体の約2%ほどと言われています。金銭的な問題、教育的な問題、などデメリットも大きいのではないかと思います。確かに子供の居場所という点や、フリースクールに入れば在籍している学校が出席扱いになるというメリットもありますが、やはり2%という数字が示している通りやはりデメリットがメリットを超過しているように思えます。

まとめ



結論から言うと、フリースクールがすべてではないどころが、ソリューションの一つに過ぎないということです。ホームスクールをより良くする方法は他にもたくさんあります。自分に合ったやり方を試してみても良いと思います。

ホームエデュケーションプラスα
英語オンライン家庭教師なら猫猫コーチング
お問合せはこちらまで
nobushinoterakoya@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です