教室

ホームスクールをするための手続き

(この記事は2021年12月6日に更新しました。)

この記事を書いた人



(何回もこのサイトで記事を読んでいただいている方はこの部分は飛ばしてください(笑))

こんにちは、

川崎と申します。

通信制高校のサポート校で入学窓口として働いていました。

また、東京の通信制高校の集まりで広報を担当していた。

縁もあって色々なオルタナティブスクールにお邪魔することも多く、

この業界についてはそれなりに知っていると思っています。

入学窓口として働いていて、様々な生徒背景に出会いました。

それは、ディスレクシアやギフテッドといった学びに特徴がある生徒、

私費留学から戻ってきて受け入れ先が見つからない生徒、

芸術やスポーツなどの一芸に秀でている生徒、

様々な生徒が一般的な学校の枠組みに収まらないため、

苦しんでいる話を聞いてきました。

この記事を書きたいと思った理由は、

世の中には様々な学びがあることを広めたいからです。

学校に行くだけが学習の方法ではありません。

家庭を中心に自由に学習が出来るのです。

しかも、世界は誰でも無料で学べる、オープンエデュケーションの時代を迎えました!

また、受験勉強をして大学に入学して、会社の就職する、という進路は、

進路の一つでしかないのです。

このサイトの中で様々な進路も紹介できればと思います。



ホームスクールをするなら手続きは必要?



さて、ホームスクールをすると決めた場合、誰にも何も言わずに始めるということもできなくはないのですが、それ相応の手続きをしておかないと学校教育法違反を疑われたり、ひどい場合は虐待で通報されたりとあまり良いことはありません。

在籍している学校の卒業資格が得られない可能性も高まります。今回の記事はどのような手続きを取っておいた方が良いのかを記載します。


まずは学校にその旨を伝える



まずは、在籍している学校の担任に連絡をして、ホームスクールをしたい旨を伝えましょう。電話で連絡した後、面談になります。面談相手は学校よって様々ですが、学級主任、教頭、校長といった学校のなかではそれなり以上に偉い人が対応することになります。


認められない時もある



基本的にはホームスクールを行う理由を聞かれ、理由次第で学校に通うことを勧められるという流れが一般的です。ホームスクールを認める、認めないは学校長の判断によるので、たとえ同じ理由だとしても学校によっても判断が異なります。

ホームスクールの計画書を用意する



学校の承認を得るためにも、また自分たちのホームスクールを見直すためにも、ホームスクールに関する計画書のようなものを作って持っていくことをお勧めします。ホームスクールを行う理由やどのように学習するのか、などを記載したものを持参すれば、相手にも本気度が伝わります。


アメリカではどうなっているのか



参考までにアメリカでは、法律上ホームスクールが認められているので逆に手続きもそれなりに複雑です。

義務教育放棄の旨の書類を記載しないといけないですし、年一回予防接種と学力テスト受験がマストの州がデフォルトです。個人的にはこれぐらいは日本でホームスクールをする際は責任感を持って行って欲しいと思います。


学校がどうしてもダメと言った場合



仮に、学校が許可を出さなくてもホームスクールは可能です。卒業証書をもらえなくても、最悪高認さえとれば大学受験はできます。上記で記載したように、あくまで、育児放棄などよからぬことをしていると思われないための手続きと思っていただければ幸いです。





ホームスクールプラスα 運営会社

ホームエデュケーションプラスα
英語オンライン家庭教師なら猫猫コーチング
お問合せはこちらまで
nobushinoterakoya@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です