日大通信 イギリス文学史Ⅰ レポート課題攻略 

(この記事は2021年12月1日に記載しました。)

この記事を書いた人はこんな人

こんにちは

川崎です。

私の記事を初めてご覧になる方向けに自己紹介をします。

現在、日本大学通信教育部 文理学部 英文学専攻に所属して2年目です。

私自身、学部、大学院、共に経済学の人間でした。

塾や通信制高校のサポート校で英語を教えてきましたが、

やはり「教育の中心は学校だ!」ということで、教職免許を得たいと思い入学しました。

しかし、問題は入学当初からいきなり発生しました!

通信制大学ということで、横のつながりはなかなかできないのです。

特に1年目は孤独に学習を進めてきました(涙)

今回こういった「自分の学習記録に関する」記事を書き始めた理由は、

私自身が「他の人はどうやって勉強しているのだろうか」と感じたからです。

レポート課題で「不合格」をもらう時は特にそう思います。

「「合格」した人はどうやって勉強しているんだろう?」

ほとんどの学生の方は、一度はこう思ったことがあるのではないでしょうか。

通信制大学を卒業することや、教員免許をとることは競争ではありません。

隣で誰かが同じ目標に向かって走っているのは心強いものです。

是非、一緒に走って、一緒に目標を達成できればと思います!




イギリス文学史Ⅰの難易度:★★★☆☆

イギリス文学が元々好きな人っているのは、いくら英文学専攻だと言っても、そこまでいないでしょう。私自身、イギリス文学っていうのがどういう物なのか全く知らないままこの科目を履修しました。

英語史を履修している人であれば、とっつきやすいかもしれませんが、個人的には先にイギリス文学史を先に取ることをお勧めします。英語史は正直難関なので、逆にイギリス史でベースの知識を得ると良いと思います。

4単位の科目なので、レポート課題は2つあります。ただどちらも、教科書に書いてあることをまとめて提出すれば合格、という感じでした。課題1,課題2共に選択問題で、1つ選んで答えます。

少し厄介なのは、固有名詞と作品名は英語で書くこと。人名は、初出はフルネームで書き、作品名は下線を引くこと、と書いています。このルールを守らなかった場合、レポートが不合格になったという話しも聞くので、ここは順守しましょう。




課題1:古代から中世までのイギリス文学史


1もしくは2を選んで回答します。

1.Anglo-Saxon Englishの歴史について説明し、その時代の代表的詩歌についてその成立の経緯と特質を論述しなさい。

2.中世英文学において代表的な作家5人を取り上げて、彼らの生涯、代表作及び文学史上の重要性を論述しなさい。

(有効期間は2019年4月1日より2023年3月のリポート受付締切日まで)

私は1.を選択しました。理由はこっちの方がとっつきやすかったというのがあります(笑)

まず課題を分割して、答えないといけないことを明確にします。

Anglo-Saxon Englishの歴史


・Anglo-Saxon Englishの代表的詩歌1.成立の経緯、2.特質

まず、Anglo-Saxon Englishの歴史ですが・・・

平たく言えば教科書の第1章Anglo-Saxon Englandの文学、Ⅰ歴史背景の内容をまとめられれば問題ありません。

まとめると、

・最初はイベリア人がイングランドにいた。

・その後ケルト族のゲイル人がイベリア人を追放した。

・ケルト族のブリトン人がゲイル人を追い出した。

・ローマ侵略、ブリトン人を支配。

・ローマが撤退。ゲルマン民族のチュートン族のジュウト、アングル、サクソンが侵略(7王国時代)

・スカンジナビアからデイン人(ヴァイキング)侵略、一時的に占領

・その後、アングロサクソンとデイン人の抗争が続く

・フランスからノルマンディ公であるウィリアムによる征服

前半はこの内容に肉付けしていけばOKでしょう!

では、Anglo-Saxon Englishの代表的詩歌って何?って話しですが、


Beowulf(ベイオウルフ)一択です!

さて、設立の経緯はなんでしょうか。

これも教科書通り、吟遊詩人が貴族たちの前で歌わないといけなかったのですが、その題材として、デンマークや南スウェーデンの伝説になっているベイオウルフの話しが採用されたって感じでしょうか。

後は、肉付けとして、ベイオウルフの話しの内容や、2部構成であることなど、を書けば良いでしょう。

特質に関しては以下の通りです。

・古代英人の、厳しい自然の中の生活が描写されている。

・古英語で書かれている。

・頭韻を重んじている。

・ケニング(ある語を複合語や句で言い替える表現法)が用いられている。




課題2:16世紀~18世紀イギリス文学史


こちらも課題が2つ用意されていて、1つ選ぶ形です。

1.文芸復興時代(16世紀)の英文学において、代表的な詩人2人、散文作家2人、劇作家1人を取り上げて、彼らの生涯、代表作、および文学史上の重要性を論述しなさい。

2.17世紀英文学において代表的な作家2人、18世紀英文学において代表的な作家2人を取り上げて、彼らの生涯、代表作及び文学史上の重要性を論述しなさい。

(有効期間は2019年4月1日より2023年3月のリポート受付締切日まで)

私は、2を選びました。理由は「詩」というのが自分にとって難しい感じがしたので、1を選びたくなかったというのがあります(笑)

しかし、なぜか4人とも詩人を選んでレポートを提出しています(笑)

さて、今回の場合、合計4人の、1.生涯、2.代表作、3.文学史上の重要性、を順番に記載すれば問題ありません。誰を選ぶかは人それぞれです。好きな人をどうぞ。

例えば、私が選んだミルトンの場合、以下の感じです。これを4人分繰り返します。

生涯:

ピューリタンの裕福な家に生まれて、共和政府が樹立されると、ラテン語書記官に就任するが、過労から盲目になる。離婚・死別を繰り返し3回結婚する。イギリスが王政に戻ると仕事を追われ、1市民として執筆活動をつづけた。

代表作:

Paradise Lost (失楽園)

アダムとイブの堕落の話

規則的な韻律は持つが押韻はもたないブランク・ヴァースを駆使

文学史上の重要性:

後のワーズワースなどに影響

(ここは、サラっとでいいみたいです。~に影響位で終われば良いでしょう。)




参考文献など

とりわけ、何か本を読んだということはありません。正直Wikipediaは多用しました。ネット上で、各文献について記載があるので参考になります。教科書に書いていることをさらに深く知るために使用していました。




評価

私の場合、どちらも1発合格でした。評価のコメントが「課題に忠実に、よく学ばれています。何よりもご本人の真面目さが伝わってきます。それに熱意もありますね。この後はさらに精進して行きましょう。」とどちらのレポートにも記載されていました。

う~ん、熱意・・・あったかな・・・?(笑)




科目修了試験

正直難問ですね。ノー勉だと絶対にクリアできないでしょう。作品名や作家名を答える問題から、作品の翻訳を答えて、さらにその作品名を答える問題もあります。

例えば・・・

William Shakespeareによる4題悲劇作品を答えなさい。

う~ん?知らない!(すっかり忘れています。)

しかし、問題のパターンはある程度決まっているようです。対策としては、過去3年分程度の問題をひたすら解いておく位でしょうか。最悪、スクーリングやメディアでの単位取得も考慮するしかないでしょう。




まとめ

イギリス文学史は、「何とかなる」科目だと思います。レポートも指示通り書けば合格できますし、科目修了試験も過去合格している人がいる以上は合格できるものだと思います。

後は、科目自体を楽しむことも大事かなと思います。今まで、イギリス文学と無縁な生活を送り、英語教師になるために渋々履修した科目でしたが、思っていたよりは楽しかったです。作品云々よりも、作家の人生が波瀾万丈で面白いなと思いました。

まあ、ボチボチ頑張っていきましょう!


バックナンバー



日大通信レポート課題攻略 英語科教育法Ⅱ
日大通信レポート課題攻略 生徒指導・進路指導論
日大通信レポート課題攻略 教育相談
日大通信レポート課題攻略 異文化コミュニケーション概論
日大通信レポート課題攻略 スピーチコミュニケーションⅡ
日大通信レポート課題攻略 特別支援教育概論
日大通信レポート課題攻略 英語Ⅰ
日大通信レポート課題攻略 英作文Ⅱ
日大通信レポート課題攻略 英作文Ⅰ
日大通信レポート課題攻略 英米文学概説
日大通信レポート課題攻略 英語史
日大通信レポート課題攻略 教育課程論
日大通信レポート課題攻略 発達と学習
日大通信レポート課題攻略 英語音声学
日大通信レポート課題攻略 教育原論・教育の思想
日大通信レポート課題攻略 英文法
日大通信レポート課題攻略 英語科学習法Ⅰ
日大通信レポート課題攻略 情報概論
日大通信レポート課題攻略 イギリス文学史Ⅱ
日大通信レポート課題攻略 イギリス文学史Ⅰ







ホームエデュケーションプラスα
英語オンライン家庭教師なら猫猫コーチング
お問合せはこちらまで
nobushinoterakoya@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です